金属用丸鋸ノッチ加工機


ノッチマン

 

 

【 Ⅰ型 】 メタルサーキューラソー専用 

【 Ⅱ型 】 コールドメタルソー、サーキュラソー、超硬丸鋸  共用 

 

●φ160~510までの丸鋸

●100ダイヤホイール使用

●φ60~ボラゾンホイール使用

●t0.5ノッチ巾~1.0~対応


メタルサーキュラソー新研磨方式

ノッチ入りメタルソー研磨仕様について(一部 特許登録済み) 

 

 

従来、ノッチ(溝)を入れるということが無かったので、研磨方法は①と②しかできませんでした。

ノッチを使うことにより、切削時間を短縮し、刃先への溶着を防ぎ、バリを減らし、刃欠けを減らし、切り終わりの材料の欠けも減少します。

 

名称

特徴


 

①千鳥刃

片側の刃数:全刃数/2

 

従来の薄物金属切削用で千鳥刃です。

片方の刃は全ての刃物数の半分です。



 

②トリプル

片側の刃数:全刃数/2

  

従来の厚物用で高低差付トリプル研磨です。

高低差によって、切削時に振動が起き、刃欠けが起き易い。

 



 

③ブレークレス

片側の刃数:全刃数/2

新たに特許登録された研磨方法で”ブレークレス研磨”と言います。

 高低差を無くし車刃にノッチを入れました。

 高低差が無いので鴫切削時に振動が無く、刃欠けが起きづらいのが特徴。

 刃欠けが起きずらいのでカット数が伸び、更に再研磨時の擦り込みが減るのでメタルソーの寿命も長持ちします。

*特許登録済み



 

④ダブルノッチ

片側の刃数:全刃数と同数

左右にノッチを入れた方法で、ダブルノッチ研磨です。

 

従来は刃物を切削する時は、ピッチを狭くして刃数を増やしますが、片側の刃数を全ての刃数と同じにできるので、刃と刃の間隔を二倍(全刃数を半分)にすることができます。

刃室が広くなる分、刃先への溶着を激減させる為、割れを防ぎ、且つ溶着部分を無くすための再研磨擦り込みが減少するので、メタルソーの寿命が大変長持ちします。



 

⑤トリプルノッチ

片側の刃数:全刃数と同数

センターと左右にノッチを入れた方法で、トリプルノッチ研磨です。
薄物に最適。



What's new

2016.2.28

ここに新着情報を入れてください。

Information

株式会社ソーテック浜松

〒438-0216

静岡県磐田市飛平松1-18

Tel: (0538)86-6433

Fax:(0538)86-6435